旬の色彩

2017-04-30

Tag :

朱色から赤紫、紅色に真っ白な花が、朝の空にまばゆく映える。ふわり枝振りに色を這わせ、躑躅が咲き乱れる。さかりのまま落ちた花は、足下に彩りを敷き詰め、ヒカリを宿す。夏日の館林、今だけの色彩に眩惑のひととき。

スポンサーサイト

短い旅で始まる、ちょっぴり長い旅

2017-04-29

Tag :

KUSHITANIのカントリージーンズに綿のパーカーを合わせて、上から赤いKUSHITANIのGORE-TEXジャケットを羽織る。足下のGORE-TEXブーツにも、両手にはめたデニムライクなレザーグローブにも、同じKUSHITANIのロゴが光り、全身をKUSHITANIに包まれて、GROMのクラッチレバーをゆっくりと放す。真新しいMICHELINが路地のアスファルトを蹴り出し、陽光の中、4ストローク125ccがなめらかに走り出す。

遅く起きた朝、昼が近くなってから繰り出した通りに、往来は少ない。制限速度を少し越えて走るシートの上、ゆるんだ袖口から風が流れ込んでも、もう凍えることもない。すぐ脇を用水路が追いかけ、そこから左右に水を引く田圃の数々。広がる水田の中を真っ直ぐに延びるアスファルト、その遙か先を逃げ水が歪みながら駆けていく。土の乾いた匂いに、かすかな潤いが交じり、短い旅をヒカリが誘う。

夜に惑う

2017-04-28

Tag :

晴れから午後は天気が急変
雷雨や突風、雹にもご注意

長い休暇はどうやら、荒れ模様で始まるらしい。冬の名残と夏の気配が、春の終わりに悪戯。BongoにRMを積んではみたものの、どうにも気持ちの乗りが悪い。ならば、シートに包まるもう一つの黄色でも転がしてみようか。せっかく足元に、まっさらのビバンダムが跳ねているのだから・・・ちょいと皮をむきに、近くを散歩も悪くない。

もちろん雨が落ちてくるまでの晴れた空の下。さて、どちらの黄色で、どこを走ろうか。遅い夜に、迷いまどう。

曲がるんじゃない 5(完)

2017-04-27

Tag :

6速を抱く長いストレートに独り酔いしれ、迫るターンをただ曲がっていただけ。でも、それは、やっぱり違ってた。

「もう少し立ったままで入れたらいいかな」
「座ったらもう、曲がらなくなっちゃうし」

“玉”の軽い2ストローク、それも85ccエンジンならなおさらのこと、しっかりフロントに荷重を預けてフロントフォークを縮めたままにしておかないと、曲がらないと言ってくれている。コーナーを曲がるんじゃなくて、マシンを曲げるのだ。そしてシートに腰を落としたら、あとは加速するだけ。それは、全部わかっている。でも、それは、なかなかうまくできない。

できるかどうかは別にして、ひさしぶりに教えてもらうことの多かった休日。ジェットニードルの径にも異常なほどの拘りを見せて、気温や湿度の基礎データを記録することも忘れない。レースにはピストンもタイヤも新品に近いものをおごり、あとは「ライダー次第」で臨んで、とことん自分を追い込む。目の当たりにした速さには、恐ろしい努力と覚悟がしっかり隠れていた。

まだ青が残る夕空に今度は、旧いMX408を駆けるSEの勇姿が浮かんでは消えていく。その後ろ姿を追う気持ちだけは・・・いつまでも失わずにいたい。

曲がるんじゃない 4

2017-04-26

Tag :

ビッグテーブルトップを必要なだけの飛距離でまとめると、金属を引き裂くようにひときわカン高いエグゾーストが、奥の林にこだまする。「アウト寄り」なんて甘いもんじゃない。コース幅いっぱい、少しせり上がったアウトの端を乗り上げるようにして走り、ストレートエンドにCRが迫る。周りよりもマシン1台分手前でブレーキングを終え、そこからリヤタイヤを振り出し前後のタイヤを整列させたまま一気に向きを変えて、クランクの初め、左ターンのイン側へ切れ込んでいく。サイレンサーからは高周波が千切れ飛び、車体はもう、続く右コーナーに合わせるように右へ傾げている。たしかにこれなら、逆バンクを気にせず開けていける。そして、軽い上りをさらに音は細く高く伸びていき、コーナーと勾配の頂点をぎりぎりのスライドで駆け抜けては、その先へと落ちていく。

ただ、RM85Lをこの軌跡に乗せて、同じ速さで駆けることは・・・どうしてもできなかった。

<つづく>

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

炎の9連休も遊びまくり (^O^)v

<これからの予定>
5/1(月):MOTO-X981
5/2(火):MOTO-X981
5/3(水):谷田部

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: