はぐれ蛙

2017-09-14

Tag :

杏色に染まりゆく西の空へと、湿り気をまとい風が流れていく。禿げた田圃のあちらこちらから細く煙が立ちのぼり、籾殻を焦がした臭いが漂い辺りに立ちこめる。半端な陽射しは昨日の雨を乾かす間もなく、途中で行ってしまい、代わりに夜気が東から、重たそうにゆっくり忍び寄ってきた。通りを流すヘッドライトだけが浮かび上がるようになるともう、畔の縁もよくわからない。そして濃くなる宵闇に、コオロギの声だけが大きく響き渡る。居場所のなくなった蛙が一匹、藁屑の上に跳んで落ちていった。
スポンサーサイト

「さみしいね」

2017-09-08

Tag :

「何か、さみしいね」
洗面台にかがんだワタシの背中を、二つの腕が優しく包んでいく。

明かり取りに東に開いた小さな窓が、鈍色に小さくにじんでいる。八月、ついに姿を見せなかった青い空は、九月になっても雲の上に隠れたまま。陽の光跡は低くなっていって、注ぐヒカリの輝きも薄れていく。目を細めて見上げた夏は、もう背中を向けている。

「暗くて、さみしいね」
ヒカリのない朝。厚い雲と季節の移ろいが、何となく人を悲しくさせる。じっと動かないでいる二人に灯りが陰影を映す。一枚一枚、羽織るものが増えていって、夜がにぎやかに彩られるその日まで・・・我慢するしかない。

「さみしいね」
つぶやき見上げた空は、いつしか眩くヒカリをまとい、高く澄んでいた。

manmi 6(完)

2017-09-04

Tag :

<8/30の続き>
冷房の利いた部屋に「大」の字に寝ころんで、天井の灯りを見ながらまた、カノジョのことだけを思い出していた。「満美」、美しさが満ちると書いて「まみ」。ただ、仲間はみんな、親しみと少しの悪戯心を持って「マンミ」と呼び捨てていた。カノジョを「まみ」と呼んでいたのは、その頃から一人だけ。今はその一人が、カノジョの旦那に収まっている。一人息子にも恵まれて幸せに年を重ねたカノジョを、ワタシは今でも「マンミ」と呼ばせてもらっている。はちきれるような笑顔にえくぼが二つ、北海道の匂いがするカノジョにはやはり・・・「マンミ」のままでいてほしい。

ふと見れば、TVドラマを映し出す液晶は平たく薄くて、100円硬貨を流し込む細長い口などはもう、どこにも付いてはいなかった。

manmi 5

2017-08-30

Tag :

<8/25の続き>
4ストローク単気筒、250ccのDOHCエンジンが唸りをあげる。「何もそこまで・・・」と思う間もなく、リヤタイヤが砂を蹴り上げて、まっすぐ目の前の斜面に突っ込んでいく。2速全開で斜面を駆け抜けたTT-R250は、フロントタイヤを持ち上げたまま、大きく宙に跳び出した。それはもう、見事なジャンプだった。そして、着地と同時に握りしめたレバーが、面白いようにフロントタイヤを砂に突き刺して、マンミはきれいな前転を決めて、腰から砂に落ちていった。駆け寄る仲間の心配をよそに、すくっと立ち上がり、アタマの上に挙げた両手を大きく左右に振っていた。

渚でそこまでの記憶をたどってから、ゆっくり今宵の宿へと引き返した。

<つづく>

manmi 4

2017-08-25

Tag :

「マンミには無理だって!」

渚を走るドライブウェイをはさんで海とは反対側、白砂が一段高く盛り上がって、遠くに松林がのぞいている。ワンボックス車の背をはるかに越えたスロープ、そこを越えてみたいと言い出した。バイクに慣れているならできないこともない。ただ、砂を噛んで跳び出すには、それなりの思い切りが必要な斜面だ。ツーリングの出先、しかもこんな遠いところでカノジョにやらせることじゃない、そう思っていた。でも、カノジョはそう思わなかった。坂に向かい、挑む気満々でスロットルを捻っている。今よりも昔は、たしかに頑固だった。

「だから無理だって言ったろ」

初心者は、当たり前のように斜面を前に右手を返し、坂の中程でフロントタイヤが砂に刺さるようにして動きを止めて、そのままカノジョと一緒に転げ落ちてきた。なぜ上れないのか、それがわからなくて・・・真っ赤なゴーグルの奥に悔しさをにじませている。勢いが足りないのだと教えてやると、もう一度マシンに跨がってセルを回した。結果は同じ、ただ今度は転がり落ちることはなく、斜面に左足を着けて踏ん張っていた。腰高のマシンに負けないくらい、カノジョの腰位置も高く、その脚はキレイにすらりと長かった。

どうしても納得のいかないカノジョに代わって、TT-R250のシートに腰を落とし、2速で斜面を駆け上がる。途中で腰を浮かせ、少しだけスロットルを緩めると、重たそうに車体が砂から離れて、宙に浮き上がった。松林の手前で大きく旋回して、腰を引きながら斜面を降りて、そのまま持ち主にハンドルを返してやる。「勢いが足りない」という言葉の意味がわかったらしく、瞳は穏やかに微笑んでいた。

<つづく>

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

海外遠征に向けて、鋭意前倒し中!

<これからの予定>
9/27(水):NCML!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: