南の島の彼女

2014-11-27

Tag :

幌布のショルダーバッグに収まる文庫本は、暑く湿った夏の匂いを伝えてくれる。南の島で、傷ついた恋心を癒す放蕩女子。バリ島の人と自然に溶け合う日向な感じと、自由なのに繊細な陰のある雰囲気が、知り合いの姿にうまく重なる。昨日までの冷たい雨も、陽気なkissサウンドで耳をふさぎ、パーカーのフードを立てるように包まって、短文で綴られたページを繰れば・・・さっと遠くに、見えなくなった。

冬に向かうこの時季でも、温い湿り気がカラダにまとわり付くよう。大きく息を吸い込めば、肺の端から端まで、細かな水滴がひろがる気分になる。さすがに明け方、夢の中で文句を言われると思わなかったけど・・・彼女には、褐色の肌に潮灼けの長い髪がよく似合う。怒られたことは黙って、明日の夜はまた、そんな南の海の話を聞かせてもらおう。少しだけ口の悪い、熱帯安楽椅子に腰を落とした女子に。
スポンサーサイト

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

炎の9連休も遊びまくり (^O^)v

<これからの予定>
5/1(月):MOTO-X981
5/2(火):MOTO-X981
5/3(水):谷田部

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: