もちろん次は・・・ 3

2017-03-09

Tag :

小さなテーブルトップの短い下りが、黒ずみ光っている。フープスへはこの斜面で直角に折れて進入する。そこから、ほとんど平らに思える6つのコブへ斜めに入っていけたのは、YZ85を追いかけていたときまでだった。誰がここを開けながら回れるのかと独りごち、ハンドルバーを握る両腕に余計なチカラがこもる。駆動を失ったRMはふらふらと、いつでも崩れそうな止まるような速さで、一つ目のコブを越えていく。

続くコーナーの立ち上がりにも、濡れた褐色が一面に広がる。独り恨んでみても、辺りは苦もなく走り抜けていくマシンばかり。その中にCRF150RⅡが3台も居る。みんなゴーグルレンズの中から逃げては、さっさといなくなる。折れているのはカラダかココロか。焦る気持ちが、肩と腰をコーナーのクリッピングに向かい落として、まだリーンを続けるシートの上、右手が開かれる。もちろんRMは、真っ直ぐ走らない。

まるでKawasaki、マッハだ。

<つづく>
スポンサーサイト

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

フルサイズ、なかなかにデカくて、何かと大変だ。

<これからの予定>
11/23(木):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: