revive

2017-03-13

Tag :

昼休みが終わり、1台また1台と、木漏れ日の向こうに消えていく。

フープスから折り返してビッグテーブルを跳び越えていくと、しばらくマシンの音が届かなくなる。パドックに残っているのは、大将のCRF450Rと、ワタシの黄色いマシンだけ。あとはまばらにコースに散らばっている。バックストレートを駆け上がり、最終コーナーに迫ってきてようやく、それぞれマシンが排気音を破裂させる。

先に火が入ったのは2ストローク。ピストンが上死点を越える重さが、キックペダルを踏む足の裏から伝わってくる。すっかり忘れていた圧縮の感覚。1回のストロークで目を覚ましたエンジンは、弾けるようにアイドリングを刻み出す。軽くブリッピングして白煙を吐き出してからシートにまたがり、左の足先でシフトペダルを踏みつける。

コースへのアプローチをゆっくりとたどっていくRM85L。午後になってもう、右手を我慢する必要もなくなった。

<つづく>
スポンサーサイト

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

フルサイズ、なかなかにデカくて、何かと大変だ。

<これからの予定>
11/23(木):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: