戸狩の宵闇

2017-05-05

Tag :

山の端が薄く桃色に染まり、アスファルトが鈍色に沈み出す。

千曲川に沿う国道を斜めに下りて、飯山線の二本の軌条と平行して広がる水田の中、北へと走り抜けていく。融雪機の埋められた道は、路肩に向かって赤茶けた波線を連れ添い、にじんだ錆色のセンターラインを緩やかに描き続ける。目指す北信濃のスキー場には、大型連休の喧噪も届かない。

美人の湯と謳われるリゾートに、灯る明かりは、まばらに小さい。黄昏に一番星が瞬いて、山の斜面へと延びる通りを明るく照らすのは、いつしか自分のヘッドライトだけになっていた。
スポンサーサイト

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

kyo-chanのおかげで・・・楽しくにぎやかな981を満喫 (^o^)v

<これからの予定>
8/20(日):MOTO-X981
8/27(日):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: