千歳の風音

2017-05-14

Tag :

吹きすさぶノイズに乗って、地を這う破裂音が連続したビートを刻んでいる。音の主は、緑色をしたモンスターマシン。受話口からうれしそうに弾んだ声が聞こえては、風とエグゾーストノイズにかき消されて、何を話しているのかがわからない。切れ切れに細く伸びた高音が耳につくと、すかざず「YZ125とKTM85SXも走っている」と、真横でryoの声を聞いた気がした。

届けることはあっても、けして届くことはないと思っていたモトクロッサーの咆哮が、はるか1000km、はるばる津軽海峡を越えて鼓膜に響く。小石の浮いた黒褐色の火山土が、悠然と広がる大地に蛇行している。この黒土をナノハナで走る日が来ればいいと、アップされたライブ動画をそんな思いで眺める。風音と一緒に映し出された千歳の曇った空は、大きく丸かった。
スポンサーサイト

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

イベント多しの水無月...。


<これからの予定>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: