春遠からじ 4

2013-01-24

Tag :

そんな挙動にも抑えが利かないほど腕が上がってしまって、うまく力が入らないらしい・・・あわてて右足を蹴り、前かがみにカラダを伸ばすと、左足だけで踏ん張って、ハンドルバーをまっすぐに支えなおす。ゴーグルを外したヘルメットの奥で、薄桃色した頬がふっくらと紅潮していた。その肌に汗が光っている。

踏み出した左足と、差しのべた右手を引っ込めて、戻ってきた緑色の愛機ではなく、CRF150RⅡにふり返る。右手でハンドルを掴み、左手がサイドスタンドを外す。うまく走れなくて当たり前・・・テンポラリーなマシンと程よい言い訳を用意できる気楽さが、殺気だったフルサイズの強者に交じって走るには、都合良いはずだったのに・・・その“思い”は、すぐに後悔させられることになった。

相変わらず、まっすぐに加速する車体は、一周もしないうちにずしりと腕にもたれてくる。とにかく重たい・・・。その割には、低いギヤで右手を煽ろうものなら、目標を見失って猛進する。もちろん、ひとつ高いギヤで走ればいいのだけれど、しっかりと外側からマシンにカラダをあずけて走らない“いい加減”なワタシは、何度もCRFをアウトバンクの端に追いやろうとする。KXやRMなら、それでも内側を向いてくれるのに・・・まるでヤツに叱られているようだ。ryoのことを笑っていたはずのワタシが、ryoよりも早くパドックに帰ってくる・・・それも右腕をパンパンに膨らませて・・・。

<つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

kyo-chanのおかげで・・・楽しくにぎやかな981を満喫 (^o^)v

<これからの予定>
8/20(日):MOTO-X981
8/27(日):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: