月と朝と星と夜と

2014-01-17

Tag :

北西の地平が、雲をかきわけて青白く光っている。その真ん中で、丸く大きな姿をした月が、朝陽を思わせるようにポンと浮かんでいる。そこだけが明るくて、これから空に光が満ちていくように惑わされるけど、東の空は雲に覆われて黒ずんでいるだけ。外周のぼやけた月は、薄い黄色のまん丸で、ほとんど朝陽と見紛うけど、そこから空に昇ることはない。この月が沈んで夜が明ける。7時になるかならないかの辺りで、ゆっくりと薄黄色が見えなくなっていく。沈んで明ける、不思議な夜明けだ。

朝のひとときからちょうど半日経って、月が再び姿を現した。帰り道、車窓が向いた東の空に、ふた回りほど小さな丸が白くきらめき、地平に浮かび上がっている。急行電車が通過駅を過ぎていくたび、少しずつ高度を増していく月。南天には綺羅星がひとつ、その月を待っているかのように揺らめいていた。暗くて沈みきった空が、月の周りだけ、白く華やいで見える。冬の夜は、明けるときと違って、とても静かに動いていく。艶やかな彩色の似合う闇には、心惑わす星がいくつも散らばっていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の・・・で片付けるには、あまりに長い雨の日々。このままではひと月走らないことに...。

<これからの予定>
10/28(土):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: