不楽是如何

2014-07-04

Tag :

生ぬるい湿り気がはびこる東武線の車内。夕刻の帰宅時間は、きまってすし詰めになる。化繊の薄いワイシャツ越しに、背中合わせの女性から、体温がジワリ伝わってくる。天井に付けられた空調はただ動いているだけで、密集した人いきれをかき混ぜながら唸っている。停車駅で扉が開くたび、重たい空気と一緒に人の波が外に出ては、新しい熱のこもったカラダがまた押し寄せてくる。それでも周りに女の子が居ると、わけもなく涼やかな感じがするから、触感なんてずいぶんいい加減だ。垂れこめる湿気に、ちょっぴり甘い香りが乗ってきたら・・・それだけでもう、うっとおしいほど太めの成年男子が隣に来ても、心許せる思いがする。窓の外の夕闇に、街並みがぼんやりと浮かんでいる。その灰色の輪郭を、霧のように細かな雨が、音もなく濡らしていく。梅雨は明けなくても、暦は夏至を越えて夏時間。つかの間、光の時季を・・・いま楽しまなくて、どうする?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

kyo-chanのおかげで・・・楽しくにぎやかな981を満喫 (^o^)v

<これからの予定>
8/20(日):MOTO-X981
8/27(日):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: