焼け付く寸前、ギリギリのところで 3(完)

2014-09-21

Tag :

それも度が過ぎると、ただただブン回るばかりで、まったくチカラの出ないエンジンに仕上がってしまう。空吹かしすると、厚みのない軽い音が空へと抜けていき、タコメーターの針をビュンビュンと動かしてみせる。ただ、平らな道では苦もなく吹け上がるくせに、ちょっと勾配がついてくると、とたんに回転が上がらなくなって、下手にスロットルを開けようものなら、大きく失速してしまう。なんてことを、rz250に乗っていた頃に、よく経験したものだ。わずかなレースに疲れた左ヒザは、まさにそんな見かけ倒しのエンジンにそっくりだ。駅までの平坦なアスファルトを軽やかに蹴っているから「これは調子がいい!」と思っていたのに、ちょっと負荷がかかっただけで、だらしなく崩れてしまう。からっきし意気地のないヒザに手のひらを当てながら、「セッティングで直るわけじゃないけどな」とひとりごつ。MX408が消えてしまうのと前後して狂い始めたワタシのヒザは、いくら待っても完璧なセッティングが出ることはない――か。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の・・・で片付けるには、あまりに長い雨の日々。このままではひと月走らないことに...。

<これからの予定>
10/28(土):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: