ウルトラマンダイナ 3(完)

2014-12-11

Tag :

「ダイナミックのダイナだよ。ダイナマイトのダイナ。そして、大好きなダイナ」
ミドリカワ・マイの甘い声が、耳の奥にこだまする――。

最後の“大好きな”は余計だけど、リヤタイヤを派手にすべらせ、半クラッチを当てながら巻き上がる土煙を背に、豪快に立ち上がる。優勝か転倒か――そんなイチかバチかの走りに憧れるワタシは、一体どうすればいいんだろう・・・。たまらず、闇に支配されつつある、くすんだ藍色の空を仰ぎ見る。ブラックホールに吸い込まれながら、もがくダイナの幻が、そこに見えるようだった。

すでに“半世紀”を越えて、こちらもカラダ半分をブラックホールに呑み込まれているようなもの。ならば、すべては「やっちゃったら考える」というのも、悪くないかもしれない。なんとなく、そう思えてくる。でも、この若先生は・・・やはり、おしゃべりが過ぎた。この世の中、知らなくていいことは、たくさんある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の・・・で片付けるには、あまりに長い雨の日々。このままではひと月走らないことに...。

<これからの予定>
10/28(土):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: