Approach

2015-01-16

Tag :

受付に置かれたコンテナとフィニッシュテーブルの間を通って、KX85-Ⅱをまっすぐに走らせる。砂利の小道は、そのままM・X・4・0・8のパネルの方まで延びていく。サーキットで言えば、さしずめピットロード。ただ、湿ってゆるい路面には、コースから移ってきたように・・・深いワダチが、ゆらゆらとジグザグに走っている。コースの入口へたどり着くまでに、手首に向かった筋肉が固く盛り上がってくる。切り立った山肌の下まで来ると、それまでフラフラしていたKXが急に素直になった。

完全に凍った山砂が、日陰の中で白く浮かび上がる。右手に戻ってきた駆動力と目の前をふさぐ砂の壁。その壁に思わずフロントタイヤを斜めに乗り上げ、KXと一緒に小さく弧を描いて落ちてくる。広々としたスターティングエリアに立ち、KXを停めて左足を下ろす。ゴーグルのレンズの向こう、大きく右に回りこんでいく第1コーナーが、陽射しをたっぷり浴びて褐色にきらめいていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の・・・で片付けるには、あまりに長い雨の日々。このままではひと月走らないことに...。

<これからの予定>
10/28(土):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: