あの日のR121 5

2015-08-05

Tag :

短い五十里トンネルは、もうひとつかふたつ、カーブを曲がった先にあるのに・・・。シールドに弾けた雨が、一気に視界を奪うように、辺り一面を飛沫で煙らせる。考える間もなく、カラダはずぶ濡れ。クシタニのカントリージーンズだけが雨をはじいても、濡れて素肌に張り付いたTシャツを伝い、腰から中に滲みこんでくる。シールドにゆがんだ景色が映り、アスファルトがどちらに向いているのかもわからなくなった。

たまらず道を外れて、MONSTERと駆け込んだのが・・・看板に往時の面影を残した廃屋の前。入口だった扉は中途半端に開かれて、ガラス窓はすべて割れて、土色に黄ばんでしまった壁には這うように蔦がからみ、すっかり山の中に隠れようとしている。かすかに覗くコンクリートのエントランス、その上に小さく張り出した三角屋根の下にMONSTERを落ち着けて、イグニッションキーを左に倒した。

途端に辺りを打ち付ける雨音が激しく耳を包み、閃光から降る轟音が鼓膜をふるわせる。

<つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

kyo-chanのおかげで・・・楽しくにぎやかな981を満喫 (^o^)v

<これからの予定>
8/20(日):MOTO-X981
8/27(日):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: