小さな声援 3

2015-08-06

Tag :

<7/30の続き>
気の抜けないテーブルを跳び越え、S字を逆さまに描くように坂を上ると、一瞬、85SXの推力が落ちる。やわらかく荒れて、曲がりにくい暗がりの中のカーブ。左足をステップから降ろせないワタシには、どうしても思いきることができない。それでも駆動と制動がつり合うように右手をうまく動かして、集団からは少し遅れて、大きくえぐれた段差を飛び落ちる。削れた“リップ”にフロントタイヤを弾かれながらテーブルトップの上に乗っかると、左の人さし指でちょこんとクラッチレバーを引いて、斜面を全開にして下っていく。ストロークが極端に短くて、握るとすぐに全開になるスロットルはSXのチャームポイント。気分がいい。そしてバックストレート、わき立つ砂塵の先に、麦わら帽子をかぶったmori-yanと、その横で小さく手を挙げている小さな白い影が、ヒカリを浴びてきらめいていた。帰りしな「かっこよかった!」と声をかけてくれた、mori-yan Jrだ。

<つづき>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の・・・で片付けるには、あまりに長い雨の日々。このままではひと月走らないことに...。

<これからの予定>
10/28(土):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: