ヒカリの季節の底

2015-10-23

Tag :

さして厚みもなさそうな明るい灰色の雲に覆われて、空がまあるく伸びている。破れかけた雲間から覗く太陽は、ぼやっと白く滲んでいるだけ。ひばりが騒がしくもゆっくりと、その低い天空をめざし、必死に近づこうとしていた。曇ったおかげで夜露もおりていないから、目と耳だけなら春を感じる朝。首筋をなでる風だけが、ひんやりと冷たかった。

Tシャツにパーカーをかぶり、シロとネロを相手に駆け回っても、汗ばむことはなくなった。秋分の日からひと月。ヒカリの時の底に向かって、季節がいきおい転がっていく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の・・・で片付けるには、あまりに長い雨の日々。このままではひと月走らないことに...。

<これからの予定>
10/28(土):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: