意気地なし 4

2015-11-27

Tag :

9時10分を過ぎてコースへ分け入ったのは、kyoheiくんのKXだけだった。不規則にあえぎながら、他に誰もいない泥の上、甲高い排気音がでたらめに駆けていく。有り体に言えば、まだ「シャバシャバ」なのだろう、うっすらと褐色をまとうだけで戻ってきたKAWASAKIは、まだ元気いっぱいな感じに見えた。ここからどんどん酷くなっていくのもわからずに、その元気をもらってインターバルの後、85SXの乾いた排気音をパドックに響かせる。軽い加速感を引きずりながら、スターティングマシンの横からコースに入った瞬間、何かわかったような気がした。

軽さを生かし、わずかに乾いたアウトバンクを使い切るKX85-Ⅱ。その軽さに不安を覚え、遠慮がちに開いたスロットルに、ワタシのSXは均衡が崩れ、挙動が怪しくなるばかり。コーナーを終えてからあわてて右手を振り絞ると、吹け切るエンジンが不要なまでにリヤタイヤを回して泥をかきむしり、さらに車体を暴れさせては手に負えなくなる。仕方なくスロットルグリップを閉じると、やわらかい泥にフロントタイヤがめり込むように失速をはじめ、また不安定になる。その繰り返しで視線が下がっているうちに・・・kyoheiくんの背中はすっと見えなくなる。

弱気になってテーブルトップの斜面から逃れようとすれば、泥に刺さり、マシンの下半分は水と粘土が混ざりあった褐色の塊に呑み込まれ、どんなにエンジン回転を上げても微動だにせず、シートから降りても垂直に立ったままだ。それではと、荒れてきたギャラリーテーブルは、その一番端を狙って跳び上がると、着地がよれて、アウトぎりぎりでたまらずコースの外へと滑り落ちる。何度も泥に埋まったグリップは、褐色に染まり、泥に汚れたグローブの掌はさらに褐色を濃くしていく。kyoheiくんだけじゃない、マディにも今日はお手上げ、追いかける気力も薄く消えかけた。

<つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

kyo-chanのおかげで・・・楽しくにぎやかな981を満喫 (^o^)v

<これからの予定>
8/20(日):MOTO-X981
8/27(日):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: