月の宿る空に

2016-01-04

Tag :

一週間ぶりに見る夜明け前の空は、南天に小さく三日月が、左右に綺羅星を従えて冴え冴えと光り、東の大地は地平に薄く杏色を引いていた。年が明けて四日、変わらない朝の情報番組があたたかな朝を伝えていたけれど、ビルなど見えない田圃の広がる江戸川沿いの町はひどく冷たくて、それもどこか遠くに聞こえて響かない。

まだ明けきらぬ蒼い路地を、シロとネロに連れられ歩き出す。小走りに路地を抜け、なだらかに耕された畑と雑に掘り起こされた田圃の間を縫っていく。細いあぜ道を踏む足の下で、さくりと霜の柱が音を立てた。凍った空気にさらされて、裸の指先はしわくちゃのまま、固くなる。透きとおった氷の粒が、やれたブーツのつま先にこびりついた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

フルサイズ、なかなかにデカくて、何かと大変だ。

<これからの予定>
11/23(木):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: