つかの間、空の上から

2016-03-09

Tag :

スマホの電源を切ってしまったことに後悔しながら、A4サイズほどの小さな窓からはるか下を眺めると、昼光色の破線がゆるやかに弧をくねらせながら二本、闇の中を走っていた。辺りには、それに群がるようにヒカリの粒がきらめき、破線は所々で赤く充血したように固まっている。その景色が斜めに傾げたまま、今度は海岸線に出ると、大型の船舶がその輪郭をヒカリでなぞっているのが見えてきた。ただ、それもつかの間、翼の突端に点るヒカリが鈍い灰色を照らし始めてすぐに、ヒカリは煙に巻かれたように消えてなくなってしまった。雨雲に包まれる前の刹那を、レンズに収めておければよかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

海外遠征に向けて、鋭意前倒し中!

<これからの予定>
9/27(水):NCML!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: