梅雨の薄暮の頃に

2016-06-15

Tag :

六時半を過ぎても、太陽が隠れたままの曇天は、薄く明るく光り続けている。ヒカリもない代わりに影もない。濃淡のわからない空が、日長の境をあいまいにして、一日がどこまでも終わらない感覚になる。抱え込んだまま、一つもめどのつかない仕事の束が、アタマから離れない・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

kyo-chanのおかげで・・・楽しくにぎやかな981を満喫 (^o^)v

<これからの予定>
8/20(日):MOTO-X981
8/27(日):MOTO-X981

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: