坂の街の底に

2016-06-22

Tag :

雑踏を押しのけて太い通りの横断歩道。白線の帯を蹴って渡る自分が、ずっと昔、確かにここにあった。安物のスニーカーは、底に一枚、革の貼られた靴になり、ヒザの抜けてしまったデニムは、薄い化繊のスラックスに。無造作に尻のポケットを膨らませていた二つ折りの財布が、紺色のジャケットに収まる長財布に変わって、ワタシも倍以上、年を食った。それでもここを通るたび、混沌とした息吹にけしかけられて、空っぽの胸の内から勇気が湧いてくる。肩がぶつかり、にらみ合うのもご愛敬。人が蠢く街に今、宵闇の気配。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

海外遠征に向けて、鋭意前倒し中!

<これからの予定>
9/27(水):NCML!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: