愛すべき瞳

2016-08-23

Tag :

北海道からオホーツクへと抜けていったはずの台風。それが引き連れてきたやっかいな南の風が、陸地に這い上がっては、湿った灰色の雲をわき上がらせる。徐々に色を濃くしていって空を真っ黒に覆ってしまうと、直に大粒の雨がぶちまけられて、路地に薄く川が流れる。そして、その雲間が気まぐれに瞬くようなヒカリを走らせれば、一瞬の間が空いて、雷鳴がとどろく。

瞬間、家の壁が揺れるように響くと、それに合わせるようにネロがくうんと鼻を鳴らす。四十路を過ぎて気弱になったのか、子犬の頃はまるで平気だったのに、今では雷が聞こえるたびに、声を上げるようになった。あんまりうるさいからゲージの扉を開けてやると、フローリングの床にカチカチと爪の音を立てながら、ダイニングテーブルの下へと一目散に駆けていく。その瞳は黒くて、あの頃のままだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

イベント多しの水無月...。


<これからの予定>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: