飛行機雲に

2016-08-26

Tag :

列車が駅に止まるたび、開いた扉から熱をはらんだ風が、スーツの足下に流れ込む。ほどよく冷やされていた車内が、熱でゆがむように淀みまどろみ、閉ざされた扉がしばらくの間、息苦しい空間を南へと走らせる。少しずつ背の高い建物に囲まれ始めて、空のあちらこちらが、鋭く斜めに切り取られていく。窓越しに覗く雲のない空は、青くまばゆくて、ヒカリを真っ直ぐに降らせている。

飛行機が、空のひときわ高い端に、一筋の弧を描いた。季節は移ろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

イベント多しの水無月...。


<これからの予定>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: