封印 3

2016-10-04

Tag :

最後の坂を上り終えてパドックに出たときにはもう、空は青く晴れ渡り、太陽がまぶしく浮かんでいた。あふれかえるヒカリの中、黒く大きな書体で「SCRAPPY GIRLS」と描かれたトランポから、TEAMナノハナのお師匠さんがにこやかに手を振ってくれている。空と一緒に明るく上向きになっていく気分を感じながら、ゆっくりBongoを走らせる。にぎやかな数のトランポが、日向から逃れるように奥の木陰の中、ひしめいている。その狭くかなり奥まったところから、ワタシの泳いだ視線に合わせるようにkojimaさんが手招きをしている。そのままCaravanと、見知らぬお隣さんが広げるテントの間へと、Bongoのアタマを丁寧に潜り込ませる。左腕にはめた時計の針は、10時を回ろうとしていた。

<つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の夜長を楽しむ前に、秋の長雨の時季になってしまった...。

<これからの予定>
10/21(土):MX408!?
10/29(日):MCFAJ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: