夕の陽光の中で 2

2016-10-27

Tag :

<10/25の続き>
ここしばらくずっと、マシンが走り出す9時を回ってから到着するいつもだったのに・・・腕にはめた時計を見ると、8時30分を回ったばかり。ずいぶん早く受付に並んでしまった気持ちになる。

MCFAJの最終戦を二週間後に控えた日曜日。全日本選手権とかぶったと言っても、トランポがひしめくパドックを楽しみにやってきたMX408は、そんな日曜日ではなかった。トランポが長い列を作り、machi-sanやtake-sanが列の遠くまで走行申込書を片手に駆けていたのが、とても昔になってしまった。青空の下、Bongoの後ろに着けるトランポは居なかった。

見覚えのない二人に書き終えた申込書と一万円札を手渡しながら、スターティンググリッドの方から歩いてきたmaedaさんに振り返り、大きく声をかける。「せっかく乾いてるのにぃ!水、撒き過ぎだよー」。ここまで降りてくる間に眺めた、408コーナーへ続く直線は・・・彼の仕事で見事に水たまりだらけにされていた。

おつりとmaedaさんのくしゃっとした笑顔をたしかめてから、Bongoをゆっくり前へと進ませる。誘い合った#69さんのVOXYも見当たらない、がらんとしたパドックの中、この人だけはもうモトクロスウェアに身を包んでいた。蒼き獅子。そう、nagashimaさんだけは、いつもとまったく変わらない姿で、真っ直ぐこちらを見つめていた。

<つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

秋の夜長を楽しむ前に、秋の長雨の時季になってしまった...。

<これからの予定>
10/21(土):MX408!?
10/29(日):MCFAJ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: