上田原に散る

2017-05-18

Tag :

目の前で膝を着き、両の腕を大きく広げ、地を這うその低い声で一言「なりませぬ」と凄まれようものなら、誰でも動きを止めることだろう。御館晴信の守り役にして、武勇に聞こえた板垣信方。その真の姿が、液晶に映る黒装束の立ち居振る舞いに重なって見える。さもありなん、と。

上田原の露と落ちては、最後まで若い国主を信じた二十四将のひとり。そして、北条と上杉はぶつかり、武田は北進を繰り返す。桶狭間も近い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

イベント多しの水無月...。


<これからの予定>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: