FC2ブログ

雨のあわいに 6(完)

2017-11-04

Tag :

雨にやられてばかりの週末にうんざりしても、ひとたび乗ってしまえば、それは風のように消えてしまう。ささやかな晴れ間が覗く空の下、笑顔で昼をつつき始めるパドック。YZの彼だけが、担架に寝たまま。ただその彼も、倒れるまでは楽しく走っていたはずだ。ひさしぶりの再会と楽しい時間の共有。短くも激しい雨と雨の間(あわい)は、それでも土の感触を思い出すには十分で、フェンダーの裏側にこびりついた泥を掻き落としながら、心は満たされていた。

昼休みが終わる頃になって、陽は遮られ、また雨粒が落ちてきた。セルを回したKTM450Fだけが、YZの彼を気遣うように静かにコースへと走っていく。

ori-chanは午前中で上がり、雨を見上げるkyo-chanも、体じゃなくてマシンの傷みに浮かない顔つきだ。そして、もたもたしている私の耳には、コースで吠える4ストロークサウンドを切るようにして、サイレンの音が聞こえてきた。まるでチェッカーフラッグのように、音は揺れながら、ゆっくりと近づいてくる。それを合図にkyo-chanが、alpinestarsのバックルを外し始め、私は、脱いだジャージとブレストガードを荷室に放り込む。近づくサイレンの音を包むようにまた、雨が音を立て始めた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに夢中!

最近のTEAMナノハナ

初のWOP、面白かった!
すでに次が楽しみっ!と(笑)。

<これからの予定>
10/20(土):MX408
10/27(土):MX408

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: