FC2ブログ

ばくだん 4

2017-11-11

Tag :

カウンターにたった一つ空いていた椅子に、ようやく独りの男が通されてきた。大将と軽く言葉を交わし、白髪頭の連れとも初めてではないらしい。何か大きな声でからかわれている。どうやら地元の青年、といっても30後半ぐらいの男性は、私たちにも会釈をすると、keiの隣に深々と腰を下ろした。やっぱりなじみの顔のようで、すぐに名札の下がった琥珀の瓶が運ばれてくる。そして、「ばくだんで」と、傍らに待つ仲居さんにではなく板長に声をかけると、空のグラスに氷を満たして、その上から琥珀をゆっくり落としていった。大将に、隣の三人組に、そして最後に私とkeiにグラスを傾けてから、静かに口をつけると、喉に琥珀を流していく・・・「ばくだんだって」と、メニューを開いたkeiの姿を、その瞳に映しながら。

<つづく>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに夢中!

最近のTEAMナノハナ

そして、去るの弥生。誕生月、花粉との戦いも制して...少しは乗れるだろうか(笑)。

<これからの予定>
3/10(日):MOTO-X981
3/17(日):MX408
3/24(日):HERO'S at MXV
3/31(日):MX408

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: