manmi 3

2017-08-24

Tag :

2日掛けて目にする日本海、5月の海は寄せる波も穏やかに広がっていた。

北海道生まれのカノジョは、北の大地が染みついたように大らかで、素直だった。バイクを操るときも、それは変わらなかった。「開けろ!」と言われればスロットルが止まるまで一気に全開、「ブレーキ!」と声を荒げればレバーとペダルが簡単に二つのタイヤをロックさせる。そんな風だった。そして、ようやく教習所を卒業したカノジョは、白地に淡い紫のワンポイントが入ったヤマハのオフロードバイクを選んできた。そのカノジョを隊列の中に押し込んで、はるばる能登までやってきたのだ。初めてのツーリングに、とんでもない長距離を走らせてしまった。それでもカノジョは、いつも笑っていた。

サイドスタンドが砂に埋もれてしまわないように、適当な空き缶をつぶして下に敷いて、マシンを波打ち際に停めてみる。残りの連中も同じような空き缶を見つけては、海を背にマシンを立てていく。そして、思い思いに海とマシンとの構図を決めては、慎重にフィルムカメラのシャッターを切っていく。さっき見たカワサキ乗りが、何度もマシンを動かしては「立ち位置」を調整していた光景に、そんなことを思い出していた。被写体は愛機だけ、今も昔もライダーはナルシストだ。砂を走る白波に引きずられるようにして脳裏に浮かんできた、カノジョの大胆不敵なアクセルワークに、ふと口元がゆるんだ。

<つづく>

manmi 2

2017-08-23

Tag :

<8/15の続き>
当世風の音を出さないクルマに混じっては、数台が千鳥に固まって、思い思いのエグゾーストを落としながら走るツーリストたち。ブームに乗ってバイクを手に入れ、北は北海道から西は四国まで一緒に旅した仲間は、すっかり家庭の中に収まって・・・乗り続けているのは、一人だけになってしまった。そんなワタシも、遠くへ旅するバイクを手放してからは、関東を飛び出すこともできずにいる。

12インチを履いた125ccの単気筒では、渚を走るこの道にたどり着くのもままならない。その目の前を、最新のフルフェアリングマシンに、正立のフロントフォークを持つ少し古いオフロードバイクが斜めに着いて過ぎていく。昔日を懐かしむ瞳が見送る後ろ姿は、ヘルメットから短く髪がのぞいていて、風に小さく揺れていた。それは、あの頃のカノジョの背中に、とてもよく似ていた。

<つづく>

manmi

2017-08-15

Tag :

半島をめぐる旅に選んだ宿は、千里浜沿いの松林に、横に長く建っている。まるで林の中に身を隠すように、浴場から食堂、大広間、そしてすべての客室を背の低い二階建てに詰め込み、細いアスファルトに寄り添い建っている。潮風の漂うアスファルトには砂がかぶり、そのまま砂の転がる方とは逆に降りていけば、茶色に締まった海砂の上、ツーリストの駆る二輪車が、薄い轍を引いて走っていくのが見える。その向こうに広がる海は、浅瀬に子供連れの戯れる姿を映して、夏の陽に輝いていた。

<つづく>

真っ赤な女の子 6(完)

2017-08-12

Tag :

ビッグテーブルを跳ぶまでは、たしかに後ろを走っていたはずなのに・・・。

着地して荒れたストレートの先、左から右に切り返してシングルジャンプにかかる、そのたもとでコースを離れていく車影。ひとつ下がって左にタイトターンを決めると、CRF250Rがゆるやかに、自分たちの所場へと帰っていくのがわかった。鉄製のランプが反り返る、そこがカノジョの居るべき場所、帰るべきところだった。

もう一回りして、たった一人でビッグテーブルを跳び上がる視界に、シートからカラダを浮かして、真っ赤な肢体が夏の空に伸びる。空に太陽が眩く光る午後、カノジョは遠慮なく、いくつもの放物線を高い青空に描いた。「ビッグ」と呼ぶのがためらわれるテーブルトップを背に加速するRMから、ランディングをすべり降りるカノジョに視線を流す。ゴーグルレンズの奥、瞳に真っ赤なジャージとパンツが、まぶしく映った。

真っ赤な女の子 5

2017-08-11

Tag :

好きなときに走り出して、自分がいいと思えばパドックに戻る。クラス分けなんて必要ない。自由なMOTO-X981を走るようになって、真後ろに迫るフルサイズ4ストロークの破裂音にも、ラインを乱すことが少なくなった。それでも今日のカノジョは、ちょいと違う。先週のツケをまとめて返すつもりなのか、2本の直線を味方にしてCRF250Rが、破裂音をぶつけながらRM85Lを追い立てる。

最終から第1コーナーまで大きく聞こえていたエグゾーストノートは、第2、第3コーナーを回ってフープスに入る頃になると、途端に小さくなる。この辺りは、一日の長があるらしい。そして、ビッグテーブルを越えてからの長い直線が組み合わされるエリアに入るとまた、音が大きく迫ってくる。その繰り返しが3周続いて・・・ビッグテーブルを越えたインフィールドのストレート、さっきまでにぎやかに迫っていた4ストロークの破裂音が、急に聞こえなくなった。

<つづく>

プロフィール

ナノハナ274

Author:ナノハナ274
ただいまモトクロスに熱中!

最近のTEAMナノハナ

海外遠征に向けて、鋭意前倒し中!

<これからの予定>
9/27(水):NCML!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文: